Trick or treat

一昔前までは馴染みのなかったイベント「ハロウィン」
最近日本でもイベント等が行われ、定着しつつあります。

もともとハロウィンとは、10月31日に秋の収穫を祝う、又は悪霊を追い払う。そう言った宗教的な意味合いのある民族行為なのです。

ただし、最近では宗教的な意味合いは薄れ、カボチャをお化けの形にくりぬいた「ジャックオーランタン」と言われるものを飾り、仮装した子供たちが「Trick or treat!」と言いながら近所をまわり、お菓子を貰うお祭りになっています。

我が家でも毎年、御多分に漏れず仮装したお化けが現れます。
今年は曜日の関係か、お化け達は10月31日の収穫日を待てず学校が休みの日に現れました。

「Trick or treat」=お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!って意味なんですが、我が家にお菓子がない事を伝えると「準備して!」と言われました。もう脅迫ですね・・・
f0224442_22394851.jpg
本日の衣装を選ぶお化け達。

f0224442_22373205.jpg
お菓子を選ぶお化け達。

f0224442_22412423.jpg
いや、買い過ぎだろう・・・

f0224442_22412846.jpg
自分たちで考えた仮装姿が可愛すぎて思わず撮影!(親バカですね)

本日のハロウィンイベントでの出費額、3,000円。
そして、お菓子をあげたのに、この後いたずらされたのは言うまでもありません(泣)






[PR]
by tps-s | 2017-10-30 22:52